ダイエット鍋に注目

山梨の神社

冬場になると鍋が恋しくなるというグルメな方も多いでしょう。鍋料理を食べると、体の芯から温まります。味や温かさは魅力的な一方で、鍋を食べると太ってしまうのではないかと心配という声もしばしば聞かれます。鍋には肉や魚などもボリュームたっぷりに入っているので、ついつい食べ過ぎてしまいます。さらに鍋の締めとして鍋に入っているだしにご飯やうどんを入れて食べる人も多いです。どうしても摂取カロリーが高くなってしまうので、太ることを気にする方が特に女性の間で多いです。そこで最近のトレンドとして注目を集めているのが、ダイエット鍋です。鍋を冬場食べて温まりたい、だけど太りたくないという人の希望をかなえてくれるということでネットなどでは特集も組まれているほどです。

ダイエット鍋の中で人気のグルメとなっているのが、野菜キノコ鍋と呼ばれるメニューです。こちらは水炊きをベースにしていて、野菜やキノコなどのヘルシーな食材を中心に食す料理となっています。水炊きスープは100g当たりのカロリーは10キロカロリー程度しかありません。ですから摂取カロリーのことを気にすることがないです。食材も野菜やキノコなどのローカロリーなものばかりですので、しっかり食べても太らないグルメとして注目を集めています。グルメな人の中には、鍋の締めでうどんを食べたいという人もいるでしょう。そのままだとうどんのカロリーが気になるので、しらたきを代わりに投入しましょう。しらたきはほとんどカロリーがないので、太る心配なしで締めまでグルメのだいご味を堪能できるはずです。